HOME  >  防火・防災の知識  > お知らせ > 住宅火災で死者が発生しています!!

住宅火災で死者が発生しています!!
防火・防災の知識
火災の知識
放火火災の
危険度チェック
住宅用火災警報器
を設置しましょう
住宅用火災警報器
を点検しましょう
住宅用火災警報器
の奏功事例
消火器の使い方
消火器の破裂
事故に注意
悪質訪問販売
に注意
リコール情報
 石狩北部地区消防事務組合内では53件火災が発生し、住宅火災3名の方が亡くなっています。
(平成26年12月16日現在)
 住宅火災を防ぐポイントを確認いただき、住宅火災の多くの原因である「こんろ、たばこ、ストーブ」の火災に備えましょう!  
 
 <こんろ>  
1 使用中はそばを離れてはいけません。
2 グリルは使用後、必ず清掃してください。
 →油汚れに引火する危険があります!
3 鍋底のよごれに注意しましょう。
 →温度センサーが正しく作動しない危険があります!
4 近くに燃えやすいものを置かない。
 →着火する危険があります!
5 少量の油で揚げ物をしない。
 →急激に油温が上昇し、発火する危険があります!
6 着衣着火に注意しましょう。
 
 <たばこ>    
1 寝たばこはしない。
 →布団等に火種が落ちると無煙燃焼し、火災に気づかない
 危険があります!
2 吸殻はためず、水をかける。
 →完全に消えていない吸殻から、火災になる危険がありま
 す。
3 火のついたたばこを放置しない。
 →周囲の物に着火する危険があります。
4 吸う場所を決めておき、くわえたばこはしない。
 →火種が落ちる危険があります。 
 
 <ストーブ>    
1 火を消してから給油する。
 →漏れた灯油に引火する危険があります!
2 ひび割れたゴム配管は交換する。
 →漏れた灯油に引火する危険があります!
3 衣類の乾燥はしない。
 →誤って落ちると、着火する危険があります!また、周囲
 にカーテンや紙類も置かないで下さい!
4 スプレー缶を温風の当たる場所に置かない。
 
→缶の圧力が上がり、破裂する危険があります!
5 不良灯油は使わない。
 →不完全燃焼や異常燃焼の危険があります 
 
※この他、「火災の知識」のページもご覧下さい。