HOME  >  防火・防災の知識  > イベント会場で火気器具等を使用する皆様へ

平成26年8月1日から

不特定多数の者が集まるイベント火気器具等を使用する場合消火器の準備が必要になります。

また、露店、屋台等を開設する場合露店等の開設届出書の届出が必要になります。

※平成25年8月に京都府福知山市で発生した花火大会会場での火災を踏まえ、石狩北部地区消防事務組合火災予防条例を一部改正し、火災予防対策の強化を図ることとしました。

 
   
 
対象となるイベントって?  
 不特定多数の人が集まるイベントで火気器具等を使用する場合に対象となります。
(※近親者によるバーベキューや面識のある人たちが集まるイベントは対象外です。)
 火気器具等って?
 燃料の種類にかかわらず、このような器具が対象になります。
       
 どんな消火器が必要?
 使用する火気器具等に対応する消火器を準備する必要があります。基本的には1つの対象火気器具等に対して1本必要です。
 
 その他ご不明な点は、下記の各消防署へお問い合わせください。
※または石狩北部地区消防事務組合ホームページをご覧ください。
 
お問い合わせ先  ○当別消防署  予防課
○新篠津消防署 予防係

○石狩消防署  予防課

電話:0133-23-2537
電話:0126-57-2034
電話:0133-74-7165

催し等の開催に関する火災予防条例の 一部改正についてのQ&Aはこちら  
Q1 対象となるイベントはどんなもの?
A1 不特定多数の人が集まるイベントで火気器具等を使用する場合に対象となります。
  ただし、近親者によるバーベキューや面識のある人たちが集まるイベントは対象外です。

例 知らない人が自由に出入りできる町内会や自治会で開催するお祭りで火気器具
 等を使用する場合は対象になります。町内会や自治会の開催であっても限定された
 人(知っている人)だけで開催するものは対象外です。
  
 
Q2 火気器具等とはどんなもの?
A2 液体燃料(ガソリンや灯油など)、固体燃料(炭など)、気体燃料(ガスなど)、電気を
  熱源とする器具(電気ストーブなど)を言います。


例 発電機、灯油ストーブ、バーベキューコンロ、七厘、ガスコンロ、グリドル、たこ焼き器
 ホットプレート、フライヤーなどです。
 
Q3 露店、屋台等とはどんなもの?
A3 露店、屋台その他これらに類するものを言います。

例 屋根が付いた移動可能な店、歩道上などに物を並べて販売する店、ござや台の上
  に並べた商品を販売する店などです。
 
Q4 消火器はどんなものを準備するの?
A4 消火器は、使用する火気器具等の種類その他周囲の可燃物等の消火に適応とさ
 れるもので、国家検定を受けたものを準備する必要があります。検定を受けた消火器
 は検定マークが貼られていますので確認してください。消火器にはそれぞれ対応す
 る種類があります。①普通火災(紙、木、繊維、樹脂など)には「A」と付いた消火器、②
 油火災(油、ガソリンなど)には「B」と付いた消火器、③電気火災(電気設備など)には
 「C」と付いた消火器を準備してください。
 
Q5 消火器は誰が準備するの?
A5 原則として、火気器具等を取り扱う人が準備してください。ただし、初期消火を有効
  に行うことができる場合は、複数人が共同して準備しても構いません。その場合は、
  火気器具等を使う露店等から、別の火気器具等を使う露店等までの歩行距離が20
  メートル以内に1本となるように準備してください。また、露店等の関係者全員が消
  火器を使用することができるよう必ず消火器の使用方法を事前に確認してくださ
  い。
 
Q6 露店の開設届出書が必要なイベントは?
A6 A1のようなイベントでA2のような火気器具等を使う露店等を開設する場合に「
  露店等の開設届出書
」の提出が必要です。この届出書は石狩北部地区消防事務組
  合ホームページ(以下「組合ホームページ」という。)からダウンロードすることがで
  きるほか、消防本部、各消防署でも配布しています。
Q7 露店等の開設届出書は誰がどこに提出するの?
A7 露店等を出店する人が出店する場所を管轄する消防署に2部提出してください。た
  だし、露店等を出店する人が複数人いる場合は、各露店等の出店状況を把握してい
  る主催者等が取りまとめて一括して提出するようにしてください。
 
Q8 露店等の開設届出書に何か添付するものはありますか?
A8 会場内にどのように露店等が配置(①露店等の配置図)され、どのように消火器を
  設置(②消火器の配置図)したのか、わかるものを添付してください。さらに消火器の
  仕様書又は消火器の本体及びその消火器の表示ラベルが確認できる写真も添付し
  てください。
 
Q9 自己点検は必要ですか?
A9 露店等の身の回りの安全対策が適切に行われているか確認するため、「防火安全
  自己点検票
」により事前に確認し、露店等の開設期間中はお客さんから見える位置
  に掲示しておいてください。この点検票は組合ホームページからダウンロードする
  ことができるほか、消防本部、各消防署でも配布しています。
 
Q10 指定催しに指定された場合、具体的に何をすればよいのですか?
10 指定催しの主催者が、この催しの関係者の中から、火災予防上必要な業務に関し
  指示等を行うことができる立場の者を「防火担当者」として選任してください。その
  際に指定催しの主催者が自ら防火担当者になっても構いません。また、防火担当者
  は、火災予防上必要な業務に関する計画(以下「提出書」という。)を作成して、出店
  する場所を管轄する消防署へ2部提出してください。この提出書は組合ホームペー
  ジからダウンロードすることができるほか、消防本部、各消防署でも配布しています