HOME  >  沿革

概要
沿革
組織図

 昭和45年10月  当別町、新篠津村、厚田村、浜益村の4町村による一部事務組合設立許可
 石狩北部地区消防事務組合発足、消防本部設置

 昭和46年 4月  1本部、1署、3出張所、4消防団による消防組織発足(消防吏員35名、事務職員2名、消防団員580名)

 昭和47年 4月  石狩町の組合加入により、1本部、1署、4出張所、5消防団となる(消防吏員59名、事務職員3名、消防団員770名)

 昭和49年 4月  石狩出張所を石狩消防署に昇格(1本部、2署、3出張所、5消防団)

 昭和49年12月  石狩消防署に南線分遣所を開設(1本部、2署、3出張所、1分遣所、5消防団)

 昭和52年10月  石狩消防署南線分遣所を花川南出張所に改称(1本部、2署、4出張所、5消防団)

 昭和54年 3月  石狩消防署新庁舎竣工

 昭和54年 4月  石狩消防署花川南出張所廃所、石狩消防署北出張所開設

 昭和56年 9月  組合創設10周年記念式典

 昭和60年 5月  当別消防署、石狩消防署に救助隊設置

 平成 3年 2月  北海道広域消防相互応援協定調印

 平成 3年 4月  当別消防署新篠津出張所、厚田出張所、浜益出張所を支署に改称(1本部、2署、3支署、1出張所、5消防団)

 平成 3年11月  組合創設20周年記念式典

 平成 8年 9月  市制施行により石狩町が石狩市となる

 平成10年 9月  当別消防署新庁舎竣工

 平成11年 4月  当別消防署新篠津支署、厚田支署、浜益支署を消防署に昇格(1本部、5署、1出張所、5消防団)

 平成13年10月  組合創設30周年記念式典

 平成17年10月  厚田村、浜益村の石狩市への編入合併により、組合構成市町村が3市町村(石狩市、当別町、新篠津村)となる
 石狩消防署北出張所、厚田消防署及び浜益消防署を、石狩消防署親船支署、厚田支署、浜益支署に改称(1本部、3署、3支署、5消防団)

 平成18年 4月  消防本部を石狩市に移転

 平成18年11月  石油コンビナート等特別防災区域として新たに「石狩地区」が指定される

 平成25年10月  消防本部に消防指令センター開設

 平成26年 8月  石狩消防署親船支署が志美に移転し、石狩消防署石狩湾新港支署に改称