HOME  >  救急・救助情報  >  救急車の適正利用

救急・救助情報
救急車の適正利用
患者等搬送事業
AED設置一覧
 応急手当の手順
本当に救急車、必要ですか?
救急車の適正利用にご協力を!

救急出動件数増加中(速報)

石狩北部地区消防事務組合管内の平成26年上半期(H2611H26630)救急出動件数(速報値)は1,624件で前年同期より98件増加となりました。                

管内住民の皆様には救急車の適正利用についてお願いしているところですが、今後ともご理解ご協力をお願いします。       

 
 
 石狩北部地区消防事務組合管内の救急車の出動件数は、年々増加しており、そのうち約50%の方は軽傷者でした。また、日中から発熱があるにも関わらず、夜間になり救急要請するケースや、病院外来が2時間待ちとの情報から、救急車で受診するなどの救急要請も増えています。実際にこれらの事案に対応し、重篤な傷病者への救急出動が遅れているケースも発生しています。
 緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、事前連絡の上、早めに自家用車やタクシー、公共交通機関等を利用し医療機関の受診をしていただくようご協力下さい。
 救急車が本当に必要な方のために利用されるよう、住民の皆様のご協力をお願いいたします。
 傷病者の様子や事故の状況などから、急いで病院へ連れて行ったほうがよいと思ったときには、迷わず119番通報して下さい。
たとえば、こんな使い方をしていませんか?
どこの病院へ行っていいのかわからなかった
救急車は無料だから
救急車で病院へ行ったほうが優先的に診てもらえると思った
通院・入院予定だった
夜間・休日で診療時間外のとき
                               消防に関する世論調査(平成17年)より

  ・救急医療情報センター(24時間)
      フリーダイヤル
 0120(20)8699
      携帯電話からは
 011(221)8699
  


    
  ・小児救急電話相談(19時~翌朝8時)
   プッシュホン、携帯電話は局番なしの
 ♯8000
   ダイヤル回線は 
011(232)1599


 
・保護者の方が、いざという時落ち着いて対応して頂くために作成しました。
是非、印刷してご使用して下さい。


本日の当番病院の検索はこちらからお願いします。



救急車が本当に必要とする人のもとに
少しでも早く到着するために
皆様のご理解とご協力が必要です。