文字サイズ

色を変える

現在のページ
トップ > 119番通報について > 119番のかけ方|119番通報|石狩北部地区消防事務組合ホームページ

119番のかけ方

突然の緊急事態で慌ててしまう気持ちは十分理解しています。しかし、緊急通報の際に一番大事なことは…「聞かれたことだけに答える」ことです。これが、命を救うための近道です!
たくさん伝えたいことがあるのはわかりますが、早急に緊急車両が現場に到着するためにご協力をお願いします。下に正しい通報の例を解説付きで記載しています。
あくまでも一例ですので、状況によって聞く内容は変化することをご了承ください。

1.「119番消防です。火事ですか?救急車ですか?」

緊急事態で急いでたくさん色々話したい気持ちはわかりますが、火事なのか救急車なのかを教えてください。

2.「救急車を向かわせる住所を教えてください。」

住所がわからないと助けに行くことができません。何番地何号、アパートなどは建物名と号室、宅名を正確に教えてください。最初に住所を確定させることで、早く出動させる事ができます。
住所がわからない場合は近くの目標物や目印となる物、通ってきた道順等を教えてください。
また、携帯電話のGPSをONにして通報すると、住所確定に役立ちます。

3.「住所確認のためお隣かお向かいのお宅を教えてください。」

似たような住所や名前があるので、間違いを無くすための質問です。また、慌てて通報している事が多いので、確実に住所を確定させるためには重要な質問ですので、違和感があるかもしれませんがご協力ください。
わからない場合はすぐに「わからない」と言ってください。世帯主のお名前を聞いたり近くの目標を聞いたりしながら住所を確定させます。

4.「住所確定が出来ましたので救急車を向かわせました。救急車が必要な方は、今、意識と呼吸はありますか?」

救急隊に状況を伝えるために、具合が悪い人の訴え、持病、かかりつけの病院なとを聞きます。命に関わる重要な事から聞いていきます。緊急事態では「現在の状況」がとても重要です。わからない場合は「わからない」と言ってください。他の様々な聞き方で確認して、救急隊に伝えます。

連絡を受ける救急隊のイラスト

その他、通報内容に応じて聞く内容が変わります。
火災の時は、次のことを主に聞きます。

  • 安全な場所に避難していますか?
  • 何が燃えていますか?
  • 逃げ遅れやケガ人はいますか?
  • 家には何人が住んでいますか?
  • 他に燃え移る可能性はありますか?

火災の時には、避難を最優先し安全な場所へ移動してから通報しましょう。
無理に初期消火等は行わず、風上等の安全な場所で消防車を待ってください。

本部

お問い合わせ先

  • 消防本部警防課指令担当
  • 〒061-3211 北海道石狩市花川北1条1丁目2番地3
  • TEL:0133-74-5375 FAX:0133-74-7130
石狩北部地区消防事務組合消防本部
〒061-3211 北海道石狩市花川北1条1丁目2番地3
TEL.0133-74-5119(代表)

Copyright © 2022 Fire and Disaster Management Agency. All rights reserved.